劇団P.O.D.について

劇団P.O.D.は、富山県射水市を中心として活動しております。

正式名称:劇団P.O.D.(げきだん ピィ・オー・ディ)
英文名:Performing Unit “Pride of One Dime”

1989年10月、「堀田正美」元代表をはじめとする発起人たちが、横内謙介:作「ジプシー/千の輪の切り株の物語」を自分たちの手で上演したいということで、様々な分野の経験者を集めて結成されました。なぜかその後、ずっと活動が続いてしまいました。

公演記録については、こちらのページ をご覧ください。

 

P.O.D.の名前の由来

P.O.D.」は、Pride of One Dime(プライド・オブ・ワン・ダイム)の略。直訳すると、10セント硬貨(1ダイム)の誇り、という意味です。

名付け親は堀田 元代表で、「LOOK」というバンドの持ち歌らしいことまではわかっていますが、詳細は不明です。(^_^ゞ

でも、劇団員の気持ちは一つです。

「ワン・ダイムのようなちっぽけな劇団かもしれないけど、それでも誇りを持ってがんばろう!」

 

東 延嘉(代表)が語るP.O.D.

Nobuyoshi Azuma劇団員同士の雑談でよく話しが出てくる話題として、うちの劇団を一言で表すとすると何だろうか?ということですが、恐らく皆の総意として「自由」という言葉が出てくると思います。

自由とは自分自身のすべての行動と発言に責任を持たなければというとても難しい意味も含んでいます。

しかしながら、自由にこれまで続けてこれたのは、劇団に対して無償で協力してくださる皆様の存在と、自由さと責任感を持って活動している我々を暖かく見守って評価してくださる皆様のおかげと感謝しております。
また、自らの会費とお客様から頂いている入場料収入だけで劇団を運営させていただいているのも特徴です。劇団運営が個人的に負担をかけない様に、そして自立することをベースにさせていただいております。

各々を尊重し合い自らは責任を持ち、そして協力しあい、ひとつのものを作り上げる喜びを分かち合う・・・・。それも気軽に楽しく・・・。年齢、性別、職業、経験(私も含めて)個々がそれぞれ何かを学び感じて次に意図的に継承して行く・・・・・。

そういった中身を入れる箱がP.O.D.といえるでしょう。
その箱の中に入れることができるものは、劇団員、ひとりひとり、個人個人の自由と責任で決めているのです。